2005年11月23日

投資の勝者・カモられる敗者

 
■人気blogランキング  ■学生ブログランキング


ざわ・・・ざわ・・・


「・・・投資?」


「ああ、そうだ。金が余っていてな。」


「・・・どれだけ儲けた?」


「フフ・・・200万だ。」


「何っ!・・・くっ・・・」
 
 
実はコレ、カイジの話私が内定者懇親会で話した内容の一部です。

内定者は100人以上いるらしく、スゴイ経験をしている人も多い。

アナウンサーをやったことのある人。
バイトで高級バッグを300万円分売り上げた人。
自動車競技で全国優勝した人。

などなど、みんなすごい経歴を持っています。

その中で1人、学生のうちから投資をしている人がいました。
彼の名前はA君としておきます。

私の大学の友人やバイト先の仲間には、ネットで株売買を
している人は結構いるんですが、あまり儲けた話は聞かない。

それが、A君は投資で200万儲けたって言うんです。
どうしても信じられない。…というか信じたくない。

じゃあ、何で儲けたのかと聞いてみると・・・


(私)
投資っていうとやっぱりとか?」


(A君)
「いや、僕は株はやってないよ。」


(私)
「えっ、・・・じゃあまさか、不動産投資!?」


(A君)
「いやいやいやいや…そんなお金も知識もないから。」


(私)
「わかった!起業して会社やってるんだッ!」


(A君)
「やってねぇよ!それなら就職活動してるわけないでしょ。
 ・・・僕がやってるのは為替だよ。」


(私)
「へ…? 為替…?」


あまりにも意外な答えに、私は拍子抜けしてしまいました。

だって本屋で見かける投資関係の本って、株とか不動産とかの本
がほとんどで、為替の本はあんまり見かけたことがないから。
それに「為替で大損したっ!」っていう話はよく聞くけど、
為替で儲けたなんて話は、一回も聞いたことがない。

そうやって信じようとしない私に、A君は儲けたポイントを
さらりと話してくれました。


(A君)
「確かに為替ってけっこう珍しいかもしれない。
 でもね、逆に言えば、だから儲けられるのかもね。
 普通、儲けた人は周りに言いふらしたりしないでしょ。
 変な人に怪しい話を持ちかけられるかもしれないし。

 僕が話をするのは、新しい仲間に名前を覚えてもらうため。
 それに為替なんてちゃんと勉強すれば、案外できるもんだよ。」


あなたは気が付きましたか?
投資には、ある有名な格言があります。

人の行く 裏に道あり 花の山

A君の投資活動は、まさにこの格言そのままなんです。

インターネットのおかげで、株式投資がブームになり、
上手い人もヘタな人も「投資と言えば株」といって殺到しています。
本屋には、ネットで株式取引をするための本が平積みされてる。
投資法とか、儲けた話なんてのもあふれてる。

でもこのブームに乗って始めたら、すでに投資は負けなんですよ
自分の頭でちゃんと考えて、自分のルールで投資をする少数の人が、
ブームに乗って人マネしかできない多数の人間をカモる

大成功をしてるヤツってたいていの場合、未知の世界で、
自分なりにたくさん失敗をして、自分で見つけた成功法を持ってる
誰かの成功をマネしてる人は、やっぱりそれなりの事しかできない

みんながやってるから、という所では平均にしかなれないんです。

危険だ、損をする、みんながやってない。
そんなところにこそ、お宝(成功)が眠ってる。
いつも心の片隅に置いておきたい言葉ですね。


関連記事:経済がわかる無料投資ゲームリンク集


posted by プラト at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイトと就職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9709879
累計: カウンター 本日: カウンター 昨日: カウンター   アクセスアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。