2005年11月08日

頭脳こそ最強の武器

 
■人気blogランキング  ■大学生ブログランキング


前回→ゲームと商売と頭脳戦略


>何も考えず、ただゲームを繰り返すだけじゃ、強くなれない。
>強いゲームプレーヤー達は、頭を使って日々変化している
>それは商売・ビジネスでも同じだ。
昔のままの雑貨屋と、常に変化してきたコンビニ
>この2者の差こそ、「強くなる」ためのポイントがある・・・。



戦争に使われていた「戦略」

ビジネス・商売に使われている「マーケティング」
コンビニでバイトしてると、実はその最先端にいることになる。

両方とも、頭を一生懸命使って作る「頭の中の作戦」です。


実は、こうした「頭の使い方」を勉強できる学問があります。

ゲーム理論。

工学部の私も、大学に入ってすぐのころに習いました。
情報工学の講義、つまりコンピュータの授業で習います。

囚人のジレンマ」で有名な論理的思考の学問ですね。
つまり、上手なモノの考え方を勉強しよう、というもの。

かけひき、交渉、心理戦」みたいなものによく出てきます。

最近だとマンガでも、この手の内容が流行っていますよね。
(「デスノート」とか「ワンナウツ」とかが有名かな?)


ゲーム理論なんて机上の空論だ!

なんて言って触りたがらない人も多いんですけど、
コレ、勉強してみると結構面白いですよ。

なるほどなぁー、って思う法則がいっぱい出てくる。


例えば、思考の始めには「問題を分析する」。

つまり、「可能性のある選択肢を徹底的に考える」ってこと。

自分の将来を考えたりする時とか、こういう事しますよね。

「うーん、来年には大学卒業するけど、どうしようかな。
 就職もできるし、大学院に進学もありだし、海外留学とか、
 あ、派遣やフリーターでいろんな仕事したりとかな。
 それから、自分で会社作ったり・・・。」

いつもは何となく考えてますけど、キチンと頭を使おうと
思ったら、「選択肢を考えよう!」って始めればイイんです。


実際に私が・・・
  
■人気blogランキング  ■大学生ブログランキング

 
以前の記事に書きましたが、弱者強者に勝ったり、
普通の人天才達に勝つには、作戦がないと勝てないです。


私も就職活動のとき、経験豊富な他の就活生に勝つために、
成功体験を喋るほかの就活生と違って、1人だけ失敗体験
の話をして、倍率数百倍の競争に勝ち抜きました

この作戦を思いついたのも、普段から面接の攻略法を
いろいろ考えながら時間を過ごしていたからです。


ゲーム理論では、こうした分析の大切さを教えてくれます。



他には、「相手の立場に立って考える」とか。
これも何となくやってた事を、ハッキリと示してくれます。


これは物の売買でよく考えたりします。例えば、

Aさんがあなたに「私のパソコンを100円で買って下さい。」

と言ってきたとしましょう。


やった!パソコンが100円で買えるぞ!

と大喜びしてるあなたは、ちょっとヤバイ


普通なら・・・

「なんでこんなに安いんだ?Aさんは怪しいぞ。」

10年前のパソコンとかじゃないのか?」

壊れてるパソコンを押し付けようとかしてるわけ?」

という風に考えます。


これは、「相手が売ろうとする理由」を自然と頭の中で
疑ったり、考えたりしてるんですよね。

これもゲーム理論では、きちんと定義されてます。



頭を上手に使えるかどうかは、そのまま結果として
あなたの身に跳ね返ってきます。

何となくやるか、頭を使うか…全てはあなたしだいです。


ゲーム理論の話は、またの機会にしましょう。

「普段の生活に使える」ゲーム理論を知りたい人はどうぞ↓
わたしが買った本のなかで、一番面白かったです。

4761260785ゲーム理論トレーニング
逢沢 明

かんき出版 2003-03-11
売り上げランキング : 16,088
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
■人気blogランキング  ■大学生ブログランキング



posted by プラト at 03:21 | 京都 | Comment(1) | TrackBack(0) | バイトと商売
この記事へのコメント
オメガ 買取 アンティーク 時計 http://www.advanceshopbootjp.biz/
Posted by アンティーク 時計 at 2013年08月13日 02:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
累計: カウンター 本日: カウンター 昨日: カウンター   アクセスアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。