2005年10月29日

コンビニ弁当で頭を鍛える・・・!?

 
■他の大学生ブログはコチラ。



私のバイト先のコンビニオーナーは、すごく面白い過去を持った人です。

高校生の頃は、学内賭博場の元締めでかなりの金を儲けたらしい。

あとは、森の中でカブトムシやクワガタといった昆虫を捕まえたり、
幼虫を育成したりして、ペットショップに売っていたそうです。

そうして学生時代から金儲けをしていく中で、実家の酒屋の
商売も手伝うようになり、商売を覚えていったとか。


オーナーのそうした話を聞いていると、昔はアルバイト以外にも
お金を稼ぐ方法がたくさんあるのか、と思ってしまいます。

でも、こうしてお金儲けができたのは商才があったから。

オーナーが言うには、

「金を稼ぐなんて、いつの時代もアイディア次第や。
 今の若いヤツらは、頭使う必要がないから、商売下手なんや。」

とのこと。

物が無かった時代の人は、代わりに頭を使っていたんですね。

でも私も「若いヤツら」の1人として、黙ってられません。

「じゃあ、頭を鍛える方法を教えてくださいよ。」

と聞き返しました。

すると・・・
  
オーナーは冷蔵庫に入ると、廃棄になったオニギリや弁当の
入ったカゴを持ってきました。

そのカゴを、夜勤が終わって事務所で休んでいる
私の目の前に置くと、こう聞きました。


(オーナー)
「お前、この廃棄の焼きうどん、どうやって食う?」


(私)
「え? そりゃあ電子レンジで温めてから食べますけど。」


(オーナー)
「それだけか?」


(私)
「? ・・・それだけですよ。」


(オーナー)
「これに何か工夫するとしたら、何をする?」


(私)
「うーん・・・皿に盛り付ける。」


(オーナー)
「だからアカンのや。」


アカン、と言われても、ワケが解かりません。

困ったまま黙っている私に、オーナーは答えを教えてくれました。


(オーナー)
「コンビニ弁当を、コンビニ弁当のまま食べたら、頭を使わん。
 コンビニ弁当を元に、余ってる食材を加えて、料理するんや。」


(私)
「でも、それって面倒くさくないですか?」


(オーナー)
「それや。”面倒くさい”ってのがアカン。
 美味いもんを食おうとしないから、頭を使わんのや。

 ”美味いメシを食いたい”

 これが、頭を鍛えるのに一番いい方法だと、俺は思ってる。」


ビックリです。
確かに、「工夫する」という点で、料理はとっても分かりやすい。

でもこんな意見、普通の人なら出てきません。

というのもオーナーは、金儲けと同じように、”食”について
ものすごい知識を持っているのです。

(続く)

--------------------------------------------------------

今回の偏差値アップポイント

・頭を鍛えていれば、人生が面白くなる

・食べ物を工夫していれば、頭を鍛えられる!

他のアイディアをランキングで探す


posted by プラト at 21:27 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | バイトと商売
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8735683

ゆとり教育。
Excerpt: ゆとり教育とは・・・・・・??? いまの、子供たちの、頭の使わなさを、 学力面より考えています。
Weblog: ★☆栄光ゼミナール広告へのつっこみブログ☆★
Tracked: 2005-10-31 00:12
累計: カウンター 本日: カウンター 昨日: カウンター   アクセスアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。