2005年10月28日

「進歩」と「進化」の大きな違い

 
■他の大学生ブログはコチラ。



仕事ができる人」と言ったら、どんな人を思い浮かべますか。

すぐに思いつくのは、だいたい「ベテラン」じゃないでしょうか。

ベテラン、つまり勤務時間(経験)の長い人は、確かに仕事が早い

アルバイトで3年もやっている人なんか、手が勝手に動くほど。

単純に経験の量を増やせば、簡単に「デキル人」になれます。



じゃあ私のアルバイト先のコンビニで、仕事のできる人とは・・・?

実は面白いことに、勤務年数とデキル度の関係が見えてこない

前にも紹介した裏店長や、オーナーの知り合いの方など、
むしろ勤務年数が短い人ほど、なぜか仕事のできる人なんです。


裏店長は今までにやった色々なバイト経験のおかげで、
他人への気配りや、観察力、先を予測するチカラがあります

オーナー知り合いの方は、コンビニでのバイトと並行してやってる
仕事のせいか、「商売」についてとても細かいことまで知っていて、
ヒマそうな学生アルバイトに、どんどん指示を出してくれます


この2人に共通してること、分かりますか?

それは・・・
  
この2人は「違う仕事」をたくさん経験してるってことです。

私自身の経験でも感じていましたが、ずっとやっている人は、
仕事が早い」けど、「(発想力がある)仕事がデキル人」は、
全然違うアルバイトや仕事をたくさん経験してる。



例えば、私が東大阪の町工場にバイトに行ったとき、
そこで働く人たちの仕事の速さに驚きました。

でも、コンピュータを使った「情報管理」なんかなかったし、
マニュアルが無いせいで、私を教えるために誰かが指導に
付きっきりになってしまい、仕事が進まなくなりました

コンビニだったら、疑問はマニュアルを調べれば載ってるし、
「新商品リスト」なんかもちゃんと準備されてる。
つまり、「情報管理」がキチンとしているんです。


コンビニでよく準備されていた「情報管理」について話し、
私はその町工場の先輩に、新しいアイディアとして
マニュアル作りを提案することができました。

コンビニバイトでは当たり前だった「情報管理」が、町工場に
とっては「外の世界」からの「アイディア」になった。

そして私は、町工場のアルバイトの最後の仕事として、
裁断マニュアル」作りをやらせてもらいました。


同じことを繰り返しやることも大切ですが、
いままでとは違うものに触れることで、「世の中の違う見方」
を見つけることも面白いですよ。

--------------------------------------------------------

今回の偏差値アップポイント

・新しいバイト、違うバイトを試してみる

・アイディアは「外の世界」からやってくる

・繰り返せば「進歩」だが、組み合わせれば「進化」になる

ランキングで「違う世界」を見てみる


posted by プラト at 02:58 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(1) | バイトと情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8675530

就職活動
Excerpt: 最近しみじみ思うことがある。。。。       この一年はほんとあっという間だったなぁって         &n..
Weblog: 学生さん、寄ってけし☆
Tracked: 2005-10-28 11:13
累計: カウンター 本日: カウンター 昨日: カウンター   アクセスアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。