2005年10月27日

コンビニバイトは人種のるつぼ

 
■今、このブログの順位は?


いよいよ10月も終わりに近づいてきました。

最近の朝はすごく寒いので、掛け布団を一枚追加。
雨のときなんかは、寒過ぎてハンドルを握れないぐらいです。

こう寒くなってくると、だんだん来年を意識するようになります。


あと2ヶ月で年が変わる・・・。


私は今年で大学卒業・就職なので、特に意識してしまいます。

当然いまやっているコンビニバイトも辞めることになるでしょう。

私のバイト先では、先に2人の仲間が夏の間に辞めていきました。


先日紹介した裏店長は、いまバイク屋に就職して働いています。
ときどき分解したスクーターの画像を嬉しそうに送ってくれます。

ほかにも、地元の九州で就職するため、夏休み前に辞めた先輩。
この方は、地元の金融機関に就職することになったようです。

そして私は、卒業までのあと数ヶ月で、バイトを辞めるでしょう。


逆に今年に入ってきた仲間もたくさんいます。


彼氏・彼女の2人が一緒に入ってきた高校生カップル

ギターのソロ演奏でプロを目指すフリーター

英語・日本語・中国語を使いこなす中国人留学生


実はコンビニバイトで出会う人たちは、学校や部活・サークルで出会う
人たちとは違って、みんなバラバラの生活背景を持っています。

そしてこうした「全然違う人たち」と話したり、一緒に仕事をした
おかげで、私は世の中を見る目が、どんどん変わっていきました。
  
私の場合、高校に行って、大学に行って、企業へ普通に就職。

将来役に立つかどうか分からない受験勉強を、必死でやる。

退屈ですぐに寝てしまうような講義に出て、単位を集める。

就職活動でいくつも面接を受け、内定をもらった会社に入る。

こうした人生を選ぶ人は実際多いし、これが一番「マトモ」な
人生の選択だと思っていました。


でもこの「マトモ」な道を歩いていない人と会ってみると、
自分の選んだ道が、本当に「マトモ」なのか不思議に思えてくる。


例えば、大学に行かずに、専門学校へ行ったヤツら。

「あたし? ネイルアーティストを目指してるの。」

カリスマ美容師になってやるぜ! やっぱカッコイイし。」

介護とか、ヘルパーとか、直接人の役に立つ仕事がしたい。」

(参考:目指せる仕事・好きなことから学校・スクールを探そう!


自分のやりたいことが分かっていて、目指す先も決めてる。

将来のことを、目を輝かしながら熱く語ってくれる。

「なんとなく大学に入った」自分と比べると、やっぱり羨ましい



例えば、大学2つ目だったり、社会人から大学に入った人たち。

「ロースクールに行って、弁護士を目指しています。」

「前から、心理学もやってみたいと思ってたんで・・・」

MOTを、本格的に勉強してみたいんだよ。」

(参考:社会人・学生のための大学・大学院


こういった人は、大学や大学院で真剣に「学びたい」と思ってる。

大学で「単位集め」をしている自分を、見つめ直すキッカケをくれた。



バイト先では、こんなふうに違う人生を歩いている人に会って、
たくさんの刺激を受けることができました。

実はこうした出会いで見つけたヒントが、就職活動に役立ったり。

もちろん「反面教師」に会うこともあります。


コンビニは、誰でもできる仕事だからこそ、いろんな人に会える

コンビニバイトを振り返ると、いろんなものが見えてきます。


あなたの周りには、どんな人がいるんでしょうか。
すぐ近くに、人生を一変させてくれる人がいるかもしれませんね。


ランキングで、いろんな人生が見つかるかも


posted by プラト at 03:33 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | バイトと仲間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

地元(仲間)収束??
Excerpt: こんにちは。かっし〜です{/hiyos/} この前の連休、地元の友達が、はるばる茨城から大阪まで遊びに来てくれました{/kaeru_en2/} 友達は2人も今も地元に住んでます。1人は隣町で美容師..
Weblog: ☆Orange Station☆
Tracked: 2005-10-27 10:16
累計: カウンター 本日: カウンター 昨日: カウンター   アクセスアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。