2005年10月21日

本当の報酬

 
■今、このブログの順位は?


私はコンビニでバイトするときの休憩時間に、本を持ってきて読みます。

特に就職活動中なんかは、30分の休憩の間、むさぼるように
面接対策本や、会社の業界本を読んでいました。


コンビニのバイトに来ているので、当然コンビニ業界の記事を
ついつい読んでしまいます。

最初に読んだ記事は、本部の人の給料は何円か、という記事でした。

私は夜勤で働いているので、まだSV(スーパーバイザー)の人に
会ったことが無いせいか、どういう仕事か知りたかったんです。


SVの年収は、30歳の年収で450万〜500万円らしい。

そしてやっぱり、会社の違いによる格差もあるようです。

1位はやっぱりセブンイレブン。2位がローソン。3位がファミマ

企業説明会などでは、なかなか年収の話は喋ってくれないので、
意外と本からしか手に入らない情報はたくさんあります。


私の父も流通業界にいたため、この金額は聞き覚えがあります。

ただ・・・
 
 
金額だけ見るとそこそこですが、父の話を聞いていると、どうやら
この業界、社員にとっては厳しいところになってきているようで。

というのも、最近のスーパー・百貨店は、コンビニ業界のせいで
働く時間が延びてきてしまっているみたいなのです。

最近ではコンビニに対抗して、24時間営業をするスーパー
も多く見かけるようになり、すっかり生活に溶け込んでいます。


そうなると当然、社員の給料は残業代で上がっていきます。

こんな状態だと、会社としては困るわけです。

じゃあ会社はどうするのか。


社員をリストラして、学生のアルバイトを入れたり、
ボーナスが必要ない派遣社員を雇うようになってくる。

さすがに仕入れや商品開発、マーケティングなんかは
バイトには無理ですが、活躍できる場所は絶対に増えてくる


会社としては払う給料を減らすため、どんどんバイトに
やってもらいたい仕事は増えていくし、バイトする側と
しては、ガンガン能力や知識を身に付けれるようになる。

アルバイトをやる人間にとっては、仕事を覚えるチャンスが
ガンガン増えているわけです。

最近では、バイトで営業マン、という人が増えてきていたり。


逆に言えば、お金を手に入れるためには、会社の社員では
なかなか厳しくなってきているみたいです。

だって、同じぐらいの能力を持った派遣社員の人なら、
3割引の給料で働いてくれるんですから。

正社員と派遣社員、どっちを採用されるかは明らかです。


こうやって会社側の立場で考えれば、いま成長してる
業界の理由が、結構カンタンに見えてきてしまいます。


結局、アルバイトだろうが、会社員であろうが、お金を
目的にしていると、搾取されるだけの立場になっちゃう。

ホリエモンも、

「世の中で(金銭的に)おいしいアルバイトはありません。
 バイトとは、自分の時間を切り売りしているだけなのです。」

と教えてくれています。


本当の報酬は、自分自身で見つけないとダメなようです。

就活を通して学んだ、バイトの実態の一つでした。


posted by プラト at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイトと就職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
累計: カウンター 本日: カウンター 昨日: カウンター   アクセスアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。